清須邦義 プロが教えるアコギ集中レッスン120分

田園都市線/横浜青葉台のギター教室です。近郊、沿線駅等には派遣講師としてお伺いします。

アコギ・アーティスト

ケリー・ジョー・フェルプスのドブロ

投稿日:2017年4月26日 更新日:

★Kelly Joe Phelps- Goodnight Irene

ワシントン州生まれのシンガーソングライターです、その昔はフリージャズのプレイヤーだったというのが驚きでした。その後にこんなスタイル、ドブロ&ボーカルのアーティストになったそうです。渋くて最高ですね。

この人のこれを最初に聴いた時はびっくりしましたが、最近これコピーして歌えないものかと、何度か聴いていたら仕組みが分かって「あ、出来そうだな」と、この人のアタマの中というかGチューニングの理解方法が解明出来たような気がして、うれしいので書いてみます( ^ω^ )

1)チューニングはOpenGですね。6弦からD-G-D-G-B-D
まず6弦5弦はベース音として用意してあるという考え方をしてます。
この歌は2capoで弾いているので、ベース音はAとEになります。
(キーはAですから、トニックのAとドミナントのEの開放弦=ベース音を用意した事になる)

2)で、2.3.4弦のD-G-Bは通常チューニングの並びですから、彼は通常チューニングのAという理解(ポジション/スケール)をして2.3.4弦を主体にメロを弾いてます。
(弾いてる時のアタマの中はOpenGでなく通常チューニングです)

3)長2度さげた1弦が残りますが、1弦はスライドバーのセーハでコードを鳴らす時のみに用意しておいてグイーン♪ その為に控えさせているんですねえ。

つまり低音部分を5.6弦に用意しておいて、あとは通常チューニングで弾く。1弦はスライドをやる時にだけ弾いている。簡単です( ^ω^ )

やっぱり音楽はコピーから始めて教わらないとダメですね、理論だけでGチューニングと言ってポジション表を用意してもわからないもんです。
フリーテンポなので書きにくいですがイントロを少し…

-アコギ・アーティスト
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フォーク・ミュージックの変遷〜アコギ雑考

★フォークの歴史 アメリカでのフォーク・ミュージックの歴史を辿ると、フォークソングの父と言われている「ウディ・ガスリー」が1940年に台頭した事が始まりのようで、Wikiによると「彼は世界的経済危機の …

ジェームズ・テイラーのアコギ技

★Fire and Rain – James Taylor 歌は無論ですが、この人のアコギの美しさは気になりますね、さすがのキャリアです。 どうなってるのか? 冒頭だけですが、一小節目はこ …

アイリッシュのアンサンブル いいなあ

★Karan Casey & James Taylor – The King’s Shilling カラン・ケイシー・アリソン・クラウス・ジェリー・ダグラス。 アイリッ …

トーマス・オリバーのワイゼンボーン

★ Thomas Oliver – ‘Born’ 「アコースティック・ラップ・スティール」いわば、エレキではないアコースティック・スチール・ギター、膝に寝かせて弾き …

やっぱりビートルズは凄い「Blackbird」

★Blackbird / Lennon & McCartney アコギの面白い演奏がないか探してたらこれがコンニチワ( ^ω^ ) 今更だけど面白いですね、1968年にこれをやってたんだからや …

▼無料レッスンブログ

▼無料レッスンブログ

▼人気の記事

▼人気の記事

link bunner

▼清須邦義公式チャンネル
YouTube.png

▼Facebook
facebook.jpg

▼CDレコーディング&サポート
.jpg

▼清須邦義 ニューアルバム「三部作」Release!
i-album.jpg

【ギター教室navi】