清須邦義 プロが教えるアコギ集中レッスン120分

田園都市線/横浜青葉台のギター教室です。近郊、沿線駅等には派遣講師としてお伺いします。

中級者応用編 楽器・機材

ギター弾きの為のフラットマンドリン講座

投稿日:2017年4月30日 更新日:

★マンドリンって難しい?

ギターをそれなりに弾ける人にとって、マンドリンのストローク、メロやフィルをやるのはそう大変な事ではありません。アンサンブルにフラットマンドリンが入るだけで、多分に効果的なのでトライしてみては如何でしょうか。

★ギター弾きから見たマンドリンのチューニング

マンドリンは8弦ありますが、同じ音を2本ずつ隣接して張りますので、考え方は4弦です。
チューニングは4弦(低い方)から G-D-A-E

ギターの3弦から6弦までが G-D-A-E ですから、コードフォームもミラーになる所があります、ギター弾きなら、これで少しだけ安心出来ますか?出来ないか( ^ω^ )

★指板すべての一覧表です。

これがあれば安心ですね、後にこれを参照してコードの組み立てやメロディーを弾く際に活用します。

★メロディーを弾いてみる

▼まずは普通にドレミファソラシド♪

▼開放弦を使わない方が実は簡単です。

フレットの幅が狭いので人差し指から小指までを使って、一弦内で6フレットをクリア出来ます。画像のように4弦5Fからドレミファ。3弦5Fからソラシドが出来、ドレミファもソラシドも同じ指使いですね。
高音部でもご覧のように2弦3Fから同じフォームです。このフォームのままフレットを移動すれば、同じフォームでD→E→Fと移調が出来ます。移動ドでこのフォームを使えば、コードを弾くよりメロを弾く方が簡単かもしれません( ^ω^ )

▼幅広くスケールを使いたければScale2のフォームを覚えて置くと更に楽です。

例えばGのスケールを弾きたい場合。

Scale2のフォームでは、フレットの高音部に行き過ぎて苦しいですね。
3弦の5FにGがあります、そこからソラシド。
次は2弦の5Fからレミ#ファソ。(移動ドで読むとドレミファソラシドです)
これも弦が違いますが、同じフォームになります。
いずれにせよフレットが短いので、1弦の中でで4つ音を弾いてしまえる、これは慣れれば楽で分かりやすいフォームです。

※ギターの運指曲で練習してみて下さい。【こちら】

★コードを弾いてみましょう。

4弦しかありませんので、ユニットなどであれば、コードの主音や、苦しいコードフォームであれば音を抜いても大丈夫、他の楽器を頼りにしてしまいましょう。前出指板表でオリジナルなコードの押さえ方も考えてみて下さい。とりあえず基本的なコード表を出しておきます。

フラットマンドリンはカントリーの楽器ですが、私はカントリー以外の楽曲、ブルースであったり、スローバラード等で弾く方が効果的でとても面白いと思っています。ついでにとても好きなフラットマンドリン奏者「サラ・ジャロスツ」をご紹介します。バリバリのブルーグラスプレイヤーですが、その枠にとどまる事なく、面白いプレイを見せてくれます。

★Sarah Jarosz – Come on up to the house

-中級者応用編, 楽器・機材
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アコギ中級「テンションコードで表情をつけよう!」

★おしゃれなコードを使う さて、ストローク・アルペジオ・3フィンガーがなんなく弾けるようになったら「分数コード」や「add(9)(4)」「簡単なテンションコード」などを駆使し、アルペジオひとつでも、さ …

アコギ弾きの為のサブ楽器「フラットマンドリン」

略して「フラマン」とも呼びます。 カントリーやブルーグラスには必ずと言っていいほど登場して来ます。ネックの幅が狭くて、アコギから持ち替えると小さくて、指がちと苦しいですが、アコギ弾きは、慣れればそんな …

アコギ中級者「フィル・イン/アドリブ」

★アコギでアドリブ アコギのアドリブ。特に歌のバックでは、メタルバンドのエレキのような壮絶なスキルは必要ないですが、ツボを心得た“いい感じ”にはしたいものですね( ^ω^ ) ここでは、すべてCのキー …

アコギ弾きの為のサブ楽器「ギタレレ」

★ギタレレ/ギレレ ウクレレのどこまでも緩い音が結構好きですが、あまりチューニングが違う楽器を持ち替えるとストレスの素だと、ギターと同じチューニング配列の「ギタレレ」を使ってます。通常のドレッドノート …

世界が変わるオープンチューニング「指板図表」

★様々なオープンチューニング例 オープンチューニングは同じギターでもいきなりガラッと独特の空気感を演出してくれます。ギターの達人が登場して、自分の方が腕が劣ってもグイーンとやると勝てそうな気もします( …

▼無料レッスンブログ

▼無料レッスンブログ

▼人気の記事

▼人気の記事

link bunner

▼清須邦義公式チャンネル
YouTube.png

▼Facebook
facebook.jpg

▼CDレコーディング&サポート
.jpg

▼清須邦義 ニューアルバム「三部作」Release!
i-album.jpg

【ギター教室navi】