清須邦義 プロが教えるアコギ集中レッスン120分

田園都市線/横浜青葉台のギター教室です。近郊、沿線駅等には派遣講師としてお伺いします。

歌唱テク

歌い方「ビブラートをつけてる?つけてない?」

投稿日:2017年4月8日 更新日:

★ビブラートはあたり前?

生まれ持って〈美声である〉〈魅力的な高音域〉〈同じく低音域〉or〈特別な個性〉がある。等々で、これは練習で追いつくものではないと思います、そうでない人は諦めましょう( ^ω^ )
と、いう訳には行かない。私もそうなんですが、上のグループには見当たらない普通の声。しかし、なんとかして“いい感じ”にはしたいところです。特別な声でなくともいい歌手はいますし、コンプレックスにするのはやめておきましょう(笑)。

先日、受講生に「ビブラートをつけた方がいいかもね」と言ったら。「え、私ビブラートなしで歌ってるんですか?」と言われました。ビブラートを気にした事がないんですね、普通そうかも知れません。ノンビブラートでも、いい感じの人は沢山いて、個性的でもあるんですが、ノンビブラートというのは、ピッチ(音程)にごまかしが効かないので、凄く大変なんです。

★ノンビブラートとビブラート

ノンビブラートの場合、ピッチが合ってる、合ってないは、正規の音程一点(一線)です。
下図のようにビブラートをつけていると、許される範囲は大きくなります、分かりますよね?

★それでは、ビブラートの練習を。

歩きながら、小さい声でいつもハミングすれば、一週間でなんとなく分かるようになります。

①シドシドシドシド(んんんんんん)と4分音符でやってみます。

②今度は8分音符でです。

③まだ波が大きいので、次は三連音符にしてみます。
(シドシドという上下の深さも少し浅くすると、感じが出てきますね)

④二拍伸ばしてから、ビブラートをつけ、デクレッシェンド(だんだん弱く)して下さい。これで完成です。

この練習を歩きながらのハミングでいいです。息を沢山吸い、お腹を固くし、少しずつ吐き出すように、毎日やってみて下さい。

▼ビブラートのきれいなアーティスト

見本になるような、きれいなビブラートですね。
【山本潤子on Youtube】

【EXILE on Youtube】

★上下の波ではなく、強弱のビブラート

昔の言葉で言うとウイスパー、声の響きより息を吐く量の方が多い歌い方で、これは上下の高さでなく、いわば、とぎれとぎれ風、音程ではなく強弱のビブラートです。はかなげに美しいです、こういう歌い方も私は好きです。

▼手嶌葵さんが個性的ですね。

【手嶌葵 on Youtube】

※最初に言ったように、何も気にしないで歌ってても、いい感じであれば、こういう練習はしないで、そのままで問題ありません。で、なければ、ちょっと練習してみるのもいいですね。

-歌唱テク
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイナミックレンジ

弾き語りの為のひとりアンサンブル

まずはダイナミックレンジを持つという事。 ダイナミックレンジというのは、最小値と最大値の比率の事をいいますが、音楽でもよく使う言葉で、音楽の場合は最小の音量と最大の音量の幅を持った演奏と私は解釈してま …

▼無料レッスンブログ

▼無料レッスンブログ

▼人気の記事

▼人気の記事

最近のコメント

link bunner

▼清須邦義公式チャンネル
YouTube.png

▼Facebook
facebook.jpg

▼CDレコーディング&サポート
.jpg

▼清須邦義 ニューアルバム「三部作」Release!
i-album.jpg

【ギター教室navi】