清須邦義 プロが教えるアコギ集中レッスン120分

田園都市線/横浜青葉台のギター教室です。近郊、沿線駅等には派遣講師としてお伺いします。

アコギ・アーティスト

アイリッシュのアンサンブル いいなあ

投稿日:2017年4月7日 更新日:

★Karan Casey & James Taylor – The King’s Shilling

カラン・ケイシー・アリソン・クラウス・ジェリー・ダグラス。

アイリッシュのアンサンブルが心地いいです。カラン・ケイシーはアメリカン・トラッドでは著名なアーティスト、 ジェイムス・テイラーとの共演です。

ドブロを弾いてるのは、ドブロ(リゾネーターギターの)達人「ジェリー・ダグラス(Jerry Douglas)」です。カントリー系のフィドル(バイオリン)奏者でもある歌手「アリソン・クラウス(Alison Krauss)」との共演映像も見てみましょう。

★Alison Krauss and Co – The Boxer

アイリッシュ、そしてリゾネーターギター。
なかなかいいものでしょ、こんなアンサンブルも取り入れたいですね。

-アコギ・アーティスト
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケリー・ジョー・フェルプスのドブロ

★Kelly Joe Phelps- Goodnight Irene ワシントン州生まれのシンガーソングライターです、その昔はフリージャズのプレイヤーだったというのが驚きでした。その後にこんなスタイル …

ジェームズ・テイラーのアコギ技

★Fire and Rain – James Taylor 歌は無論ですが、この人のアコギの美しさは気になりますね、さすがのキャリアです。 どうなってるのか? 冒頭だけですが、一小節目はこ …

アコギプレイヤー安田裕美さん

★山崎ハコ – 横浜ホンキートンク・ブルース ハコさんはご存知でしょうが、お隣の安田裕美さんは、ハコさんの旦那様でもあり、井上陽水さんの全盛期を支えたアコギ奏者です、私は日本で一番いい音を …

美声美女 キナ・グラニス

★Valentine – Kina Grannis L.A.在住日系アメリカ人。ハーフだそうです。「YouTube / Social Media世代の自己発信型アーティスト」というコピーが …

フォーク・ミュージックの変遷〜アコギ雑考

★フォークの歴史 アメリカでのフォーク・ミュージックの歴史を辿ると、フォークソングの父と言われている「ウディ・ガスリー」が1940年に台頭した事が始まりのようで、Wikiによると「彼は世界的経済危機の …

▼無料レッスンブログ

▼無料レッスンブログ

▼人気の記事

▼人気の記事

link bunner

▼清須邦義公式チャンネル
YouTube.png

▼Facebook
facebook.jpg

▼CDレコーディング&サポート
.jpg

▼清須邦義 ニューアルバム「三部作」Release!
i-album.jpg

【ギター教室navi】