清須邦義 プロが教えるアコギ集中レッスン120分

田園都市線/横浜青葉台のギター教室です。近郊、沿線駅等には派遣講師としてお伺いします。

初心者基礎知識

ゼロからのアコギ「ストローク」

投稿日:2017年3月24日 更新日:

コードを押さえて、ジャーン! これからですね

★ex: key C は「ドミソの和音」

★コードダイアグラムの読み方。

はどこも押さえず弾く(開放弦といいます)
は出さない音(あるいは指などでミュートします)
数字のはそれぞれの指番号
1Fというのは1フレットの事です。

コードのオサエ方はこちらの【コード表を御覧ください】

★代表的なストロークの練習

ピックの持ち方は、親指内側の第一関節と人差し指、内側の第一関節ではさむように。

ピックは深く入れずに、浅く、軽く。
アップダウンは肘を支点に扇子をあおぐように、振り子を横にしたように弾いて下さい。手首をこねて弾いてはいけません。

ほんのさわりだけの説明でしたが、アーティストがどんな弾き方をしているかをYoutube映像などで確認して、いろんなストロークを発見して下さい。やみくもに弾くよりも参照/研究が大事です。

ex;★Corrinne May – Just What I Was Looking For
これは8ビート。
ピックを上下に返しての、スタンダードなストロークでしょう。
シャランシャランとキラキラして心地いいですね。
あまりピックを深くいれずに、弦をなでるようにか〜るく弾きます。

★Jason Isbell – Traveling Alone
コードの主音をベース音として一拍目にさりげなく弾いています。
主音とはEのコードならE(ミ)で、Aに移ったらA(ラ)の低音を弾きます。
ひとりでの弾き語りであれば、出来る限り入れたいですね。

ex; ★Sheryl Crow & Vince Gill – “Two More Bottles of Wine”
これも8ビート。
バンドと一緒に、迫力でかき鳴らすといったところ。
フォークの時代で言えば谷村新司さん、アリスでしょうか ( ^ω^ )
彼女は肘を支点に大きく腕を振っていますね、これです(笑)。
ピックを使わず、指弾き。上下の返しで弾いています。

上の私が書いた例題はひとつのパターンです、こうして色んなアーティストの曲を聴いて参照して下さい。決まりなどありませんので、慣れたら曲に合わせて好きなように気持ちよくストロークすればいいのです。

-初心者基礎知識
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゼロからのアコギ「カポを使う」早見表

★カポタストの使い方 カポの上げ下げは、半音や一音程度なら気にしないで出来ますが、ふたりでギターを弾く場合、しいて一人は上のポジションで弾くときれいなアンサンブルになります。 また女声のキーであると男 …

ゼロからのアコギ「分数コード」

★分数コード ConF C/F 歌譜などでよく見かけませんか? 最近では、どんな楽曲でもあたり前に登場して来るのが分数コード。 3つとも表記が違うだけで同じものです。 「B分のG」とか「BオンG」と呼 …

ゼロからのアコギ「ハンマリング・プリング・ベンディング」

★メロディーやフィルインをしたりする際には必須ですね、覚えて置いて下さい。 ★ハンマリング 下図を見て下さい、最初に3弦の開放を弾き(音を伸ばしたまま)次の音を弾いて出さずに、中指で軽く叩いて出します …

ゼロからのアコギ「周辺小物は何がいる?」

ギターを買ったら、揃える小物 ★チューナー 必須です。ヘッドにつける「クリップタイプ」や据え置きタイプなど色々あります。 マイクタイプのメーターの大きなものが精度もよく、針も見やすくて完全ですが、ライ …

ゼロからのアコギ「ハイコード」

★Fスタイルのハイコード コードの押さえ方に開放弦を入れないスタイル、これが初心者の第一関門ですね、頑張ってクリアして先に行って下さい( ^ω^ ) ▼人差し指でフレット全部を押さえる事を「バレー」と …

▼無料レッスンブログ

▼無料レッスンブログ

▼人気の記事

▼人気の記事

link bunner

▼清須邦義公式チャンネル
YouTube.png

▼Facebook
facebook.jpg

▼CDレコーディング&サポート
.jpg

▼清須邦義 ニューアルバム「三部作」Release!
i-album.jpg

【ギター教室navi】